2018年7月11日水曜日

2018年度(通算第57回)中部部会開催(於 名古屋大学)

 2018年7月7日、名古屋大学におきまして、日本中小企業学会2018年度(通算第57回)中部部会が開催されました。
 当日は21名の会員が参加され、会場では活発な議論が交わされました。

 以下に当日の様子を掲載致します。

 第一報告:「地場産業におけるマーケティング論の展開と活用の可能性」
 澤田 誠 氏(愛知淑徳大学大学院博士後期課程)


 第二報告:「中小企業における情報財の収益費用分析」
 安藤 信雄 氏(中部学院大学)


 第三報告:「両毛地域における産業集積の特徴とその機能」
 宇山 翠 氏(岐阜大学)


 この後、議事として
 ・2018年度収支報告案の説明⇒監査・承認をいただきました。
 ・2019年度中部部会は名城大学、愛知学院大学にて開催される旨が連絡されました。
 ・2019年度全国大会は愛知学院大学にて開催される旨が連絡されました。


 懇親会には16名の会員が参加され、こちらでの交流・議論も活況なものとなりました。


 2018年度中部部会は盛況のうちに終了しました。
 会員の皆様の積極的なご参加・ご協力に感謝申し上げます。

2018年5月31日木曜日

2018年度(第57回) 中部部会開催のご案内

日本中小企業学会 中部部会会員の皆様

 下記のとおり、本年度(通算としましては第57回)の中部部会を名古屋大学にて開催いたします。また、本年度におきましても中部部会会員相互の交流促進のため、懇親会を開催いたします。
 ご多用のところとは拝察いたしますが、ご出席くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


日時:2018年7月7日(土)研究報告13時30分~(17時ごろ終了予定)
場所:名古屋大学 経済学部 2階第1会議室
   地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車・1番出口を出て右前方の建物
   (詳細は名古屋大学HPを参照ください。)

報告テーマ・報告者:

・第一報告
「地場産業におけるマーケティング論の展開と活用の可能性」
澤田 誠 氏(多治見市・愛知淑徳大学大学院博士後期課程)
13:30から14:20

・第二報告 
「中小企業における情報財の収益費用分析」
安藤 信雄 氏(中部学院大学)
14:20から15:10

・休憩 15:10から15:30

・第三報告 
「両毛地域における産業集積の特徴とその機能」
宇山 翠 氏(岐阜大学)
15:30から16:30

 なお、報告終了後に若干の議事を予定しております。

懇親会: 17:00~19:00ごろまで
 グランピアット山手通り店にて(会費4,000円)
 部会当日に懇親会費を申し受けます。
 また、領収証を発行いたします。
 懇親会にご参加いただける方は、中部部会事務局までメールにてご連絡ください。
 当日参加も可能ですが、事前のお申込みをお願い申し上げます。
 なお、参加お申込みのご連絡は6月29日までにお願い申し上げます。

2018年5月14日月曜日

日本中小企業学会中部部会 開催日のお知らせ(6月2日中止)

日本中小企業学会中部部会事務局より、部会開催日のご連絡を申し上げます。

 本年度(平成30年度)の日本中小企業学会中部部会は、7月7日(土)名古屋大学にて開催されます。
 6月2日(土)に予定されておりました部会は中止させていただくこととなりました。
 急の予定変更につき、まことに申し訳ございません。
 皆様のご予定の更新をなにとぞよろしくお願い申し上げます。
 
 なお、7月7日の中部部会では、
 ・岐阜大学の宇山翠さん
 ・中部学院大学の安藤信雄さん
 ・多治見市・愛知淑徳大学ビジネス研究科博士後期課程の澤田誠さん
 の3名がご報告されます。
 また、懇親会の開催を予定しております。
 詳細が決まり次第、ご連絡申し上げます。

 皆様のご参加をお待ちしております。

2018年3月16日金曜日

平成30年度報告者募集のお知らせ

謹啓 時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

  さて、本年度の中部部会は2018年6月2日(土)と7月7日(土)に開催されます。報告を希望される会員におかれましては、4月23日(月)までに下記宛ご連絡をいただきますよう、お願い申し上げます。なお、例年通り、9月8・9日(於 武蔵大学)の全国大会にての報告を希望されます会員は、必ず部会にてもご報告いただきますよう、あわせてお願いいたします。

 また、本年度におきましても懇親会の開催を予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。

謹白

ご連絡・お問い合わせ先:
日本中小企業学会 中部部会事務局 大前智文
〒503-8550 岐阜県大垣市北方町5-50 岐阜経済大学10号館312大前研究室
電話:0584-(七七)-3607(直通)
e-mail:ohmae(アットマーク)gifu-keizai.ac.jp

2017年6月26日月曜日

2017年度第2回(通算第56回)中部部会開催(於 愛知学院大学)

 2017年6月24日、愛知学院大学名城公園キャンパス・アガルスタワー6階教室におきまして、日本中小企業学会2017年度第2回(通算第56回)中部部会が開催されました。
 当日は19名の会員が参加され、会場では活発な議論が交わされました。

 以下に当日の様子を掲載致します。

 第一報告:
 「四日市萬古焼産地問屋の実態」
 西浦尚夫氏(公益財団法人三重北勢地域地場産業振興センター・三重大学大学院)


 第二報告:
「中小企業の存立条件に関する一考察 ―『残存部門の新部門への転化』の検討から―」
 大前智文氏(岐阜経済大学)


 この後、議事として
 ・2017年度収支報告案の説明⇒監査・承認をいただきました。
 ・2018年度中部部会は中京大学、名古屋大学にて開催される旨が連絡されました。
 ・2017年度全国大会は10月7日・8日、大阪商業大学にて開催される旨が連絡されました。


 2017年度中部部会は盛況のうちに終了しました。
 会員の皆様の積極的なご参加・ご協力に感謝申し上げます。



2017年6月3日土曜日

2017年度第2回(第56回) 中部部会開催のご案内

日本中小企業学会 中部部会会員の皆様

 日本中小企業学会中部部会事務局よりご案内申し上げます。
 下記のとおり、本年度第2回中部部会を開催いたします。
 ご多用のことと存じますが、奮ってご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


                   記
 
 日時:2017年6月24日(土曜日)13:30~16:00

 場所:愛知学院大学名城公園キャンパス 中央高層棟6階 2612教室
   (地下鉄名城線「名城公園」駅・2番出口から徒歩1分)
    当日は建物北側(地下鉄「名城公園」駅側)の入口からお入りください。
    構内駐車場は利用できません。公共交通機関をご利用ください。 

 第一報告:
 「四日市萬古焼産地問屋の実態」
 西浦尚夫氏(公益財団法人三重北勢地域地場産業振興センター・三重大学大学院)

 第二報告:
 「中小企業の存立条件に関する一考察 ―『残存部門の新部門への転化』の検討から―」
 大前智文氏(岐阜経済大学)

 なお、報告終了後に若干の議事を予定しております。
                                       以上

2017年5月28日日曜日

2017年度第1回(通算第55回)中部部会開催(於 名城大学)

 2017年5月27日、名城大学天白キャンパス10号館3階会議室におきまして、日本中小企業学会2017年度第1回(通算第55回)中部部会が開催されました。
 当日は24名の会員が参加され、会場では活発な議論が交わされました。

 以下に当日の様子を掲載致します。



 第一報告:「中小企業の技術変化と海外生産 ―マレーシアの顧客開拓のケースから―」
 弘中史子氏(滋賀大学)



 
 第二報告:「中小企業基本法の制定要求とその帰結」
 渡辺俊三氏(名城大学)





 懇親会には17名の会員が参加され、こちらでの交流・議論も活況なものとなりました。



 会員の皆様の積極的なご参加・ご協力に感謝申し上げます。